夏休み旅行特集!国内・海外旅行やツアー、グルメ旅行、激安旅行などおすすめ情報です。

タスマニアの赤い海

タスマニアの赤い海こと、バサースト湾は「世界の絶景」と呼ぶにふさわしい所でしょう。

ロンブーの番組「ベストハウス123」でも紹介されていた、タスマニアの赤い海。

あの番組を見て、行ってみたいと思った人は多いでしょう。
もちろん私もタスマニアのバサースト湾の赤い海を自分の目で見たいと思いました。

バサースト湾は、タスマニア島の南西部にあり、世界遺産であるサウスウエスト公園の一角に位置するそうです。

それにしても、あの赤い海は本当に神秘的。
赤い海の中で泳ぐなんて考えただけでも幻想的ですよね。

そしてもうひとつ凄い事は、水深8mなのに深海魚がいるということ。

赤い海の正体は、森から流れてくる植物のタンニンという成分が原因ということなのですが、川や海を染めるほど大量なのですね。

赤い海の部分は淡水だと言うことですが、淡水と海水が混じることはないらしく、海の上の部分が赤い淡水、下の部分は海水という仕組みになっているそうです。

上の部分の赤い海が太陽を遮断し、わずか水深8mで深海魚がいるとテレビで説明していました。

タスマニアの赤い海・バサースト湾にいつかは行ってみたいです。きっと神秘的・幻想的な気分に浸れる事でしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9630405

この記事へのトラックバック