夏休み旅行特集!国内・海外旅行やツアー、グルメ旅行、激安旅行などおすすめ情報です。

アルツ磐梯スキー場に子供と一緒にスキー旅行

福島県会津のアルツ磐梯スキー場は大人も子供も楽しめるスキー場として人気があります。

スキースクールも充実していて、大人はもちろん子供のスキースクールもあり、しかも少人数制なので安心ですね。
子供のスノーボードスクールもあります。
また、家族で楽しめるファミリーレッスンも!

託児サービスも充実しており、8ヶ月〜6歳を対象とした託児室や2〜3才を対象とした「雪遊びセット託児」もあります。
ベテランスタッフが子供さん2〜4名につき1人つくので安心サポート体制と言えるでしょう。

滑る楽しみ以外にも子供向けの楽しいアトラクションがあります。
家族でスキー旅行を考えている人にお勧めな点は、雪の遊園地「アルツ磐梯冒険王国」でしょう。
アルツ磐梯冒険王国には、スノーモービルやバナナボード、チュービング、ブルーライナーで遊べます。
ドッグランもあるのでペットと一緒に思いっきり走り回れますね。

アルツ磐梯スキー場へはJR郡山駅から無料シャトルバスも出ていて便利です。

白馬コルチナ国際スキー場に家族でスキー

白馬コルチナ国際スキー場はキッズパークがあり、子供連れでスキーを楽しむ人が多く訪れています。
キッズパークでは「そり」や、スノーモービルが楽しめます。
子供のためのスキースクールワンポイントレッスンも無料です。歩き方や安全な転び方、ボーゲン滑走などの基礎を教えてくれます。

白馬コルチナ国際スキー場の場所は、長野県北安曇郡小谷村千国乙にあり最寄駅はJR大糸線 南小谷駅から車で約20分。
2005年にリニューアルしており、子供連れの人でも楽しめるアイテムが増えました。

旅行代理店・赤い風船のファミリースキー&スノボー(スノーボード)プランでは、子供向けのオリジナルプレゼントも用意されていて日程限定の割引格安プランもあります。
リフト券付きのプランもあるのでスキーを思い存分楽しむ人には最適でしょう。

ホテルグリーンプラザ白馬は白馬コルチナ国際スキー場の前なので子供連れだと本当に助かりますね。
食事はバイキング・キッズバイキングがあります。子供向けのメニューがあるのは嬉しい所。

白馬コルチナ国際スキー場に行かれた方々の口コミ情報を調べたのですが、スキースクールも好評で家族連れにお勧めされていました。冬休み中でも混雑も少なかったと言うことです。
宿泊施設も元気の良いスタッフで気持ちよく過ごせたとのこと。
ただし、行く道中でのアクセスは不評で除雪があまりされていないとの事でした。

マイカーで行く方はそういう面では辛いかもしれませんね。
関西在住の人なら、スキー場まで送迎してくれるゲレンデ直行バス「ホワイトエクスプレス」を利用するのも良いのではないでしょうか。

ホワイトエクスプレスは新大阪と京都二条城のメイン集合地に加え、梅田、なんば、天王寺、京橋、神戸三宮、岸和田、南海和歌山、JR和歌山からシャトルバスがあり、白馬コルチナ国際スキー場まで直行です。

北海道サホロで子連れスキー旅行

北海道サホロのスキー場は子供と一緒にファミリー旅行が楽しめるスキー場です。

サホロは北海道上川郡新得町狩勝高原(かみかわぐん しんとくちょう かりかちこうげん)にあり、新千歳空港からかかる時間は約120分、JR新得駅からだとタクシーで約15分ほどです。

サホロではスキーやスノボー(スノーボード)スクールも充実していて、一般レッスン(中学生以上)キッズレッスン(4歳〜小学生まで)があります。
初めてスキーを滑る子供さんもスキーが上達できるチャンスですね。

北海道の雪はいつまであるのだろうか、いつまでスキーが滑れるのかを調べてみたのですが、4月上旬まで気温は−5度なので4月の頭くらいまではスキーが楽しめるようですね。
また、サホロリゾートの営業期間も4月6日(予定)となっているので、冬休みにスキー旅行に行きそびれた人も春休みでもまだまだ間に合いそうです。

サホロスキー場の雪は極上のパウダースノー!ふわふわの雪は、滑り心地抜群!
山の上からは十勝平野が望めますよ。
新コース「セカンド・ノース・アベニュー」は、全長1,200m・最大斜度28°が誕生したのでスキー上級者にもスキーの腕を試すのにもぴったりですね。

北海道トマムスキー場に子連れ旅行

北海道トマムスキー場は大人だけじゃなく子供も一緒にスキーを楽しめる事ができます。

家族でスキー旅行に行く予定のある人は、トマムスキー場を検討してみるのもいいかもしれません。

トマムスキー場は北海道・新千歳空港から約80分〜90分で行くことが出来ます。
JTBの旅行ブランにファミリー向けのスキー&スノボープランがあるのですが、出発日限定プランですと格安で旅行ができますよ。
JTBのファミリースキープランでは、氷のホテルとして人気尾高いアイスビレッジの入場無料券も貰えるようです。

こどもにも大人にも楽しめるアイテムがいっぱいのアドベンチャーマウンテンは日本最大級の冒険ファミリーゲレンデです。
また、子供のスキースクール・キッズスクールもあるのですが、スキーが初めてのこどものクラスやある程度スキーが滑れる子供のスキーレッスンクラスなどがあるので、利用するとスキーの上達も早いのではないでしょうか。
そして面白いのが、「かるがも親子のスキーレッスン」では、子供にスキーを教えるための親の為のレッスンスクールがあることです。
親子で一緒にレッスンできるので良い家族旅行の思い出になりますね。

冬のトマムの気温は1月下旬〜2月上旬で最低気温は−38度で平均でも−10度だとか。
勇払郡(ゆうふつぐん)占冠村(しむかっぷむら)の厳しい寒さをこのように活用して全国各地からたくさんの人が毎年訪れるトマム。
子供さん連れの旅行ですと急な病気なども心配ですが、トマムには病院「上トマム診療所」があります。
せっかくの楽しい旅行にあってはならない事ですが、知っておくと安心ですね。

家族で行く信州スキープラン

子供を連れてスキーに行くのって結構大変ですよね。

子供を長野県の大自然で思いっきりスキーを滑らせてあげたいけど、個人でスキープランを立てるのは面倒という人も多いようです。

今は、ファミリー向けのスキーやスノボー(スノーボード)プランがありますので、それを利用するのも手ですね。

旅行代理店「赤い風船」では、日程限定のスペシャルデーにするとお得な割引プランがあり安いお値段で信州のスキー場に旅行に行けますよ。
また、連泊割引があるので連泊するとお得ですね。
大人1日に付き1000円、子供500円の割引が適用されます。
子供向けに喜ばれるプレゼントもあるので、子供さんも喜ばれることでしょう。
スキーは初めてという子供さんにはキッズスクールもあるスキー場があるので、親が教えるより子供のスキーの上達が早いかもしれません(笑)

信州スキーファミリープランには、家族で楽しめるスキープランばかりなので、利用してみると楽しいかもしれませんね。

信州斑尾高原スキー場に子供連れでスキー

信州の斑尾高原(まだらお)は家族で行くスキー旅行に最適です。子供連れでも十分に楽しめるスキー場だと思います。

斑尾スキー場には広いキッズパークがあり、設備も充実しているとか。
キッズパークには動く歩道やスキー、ボード、そり、チュービングなど5つの専用コースがあります。
室内プレイハウスや託児所(1〜6歳まで)も完備しているので、スキーを出来ない年齢の子供連れでもスキーを楽しめます。
年の離れた兄弟がいる親御さんでも、これで思いっきり上の子を遊ばせてあげることができますね。
また、キッズスクールという子供向けのスキースクールがあるのでスキー初心者の子供さんを安心です。

斑尾スキー場付近にはホテルが色々あるので予算や目的を考えて選ぶといいでしょう。

斑尾高原ホテルは斑尾スキー場から徒歩1分のところにあります。夕食は和・洋・中の30種類のバイキングを楽しめますよ。
スキー場から近いので、他のホテルと比較すると少しお値段は高めですが、スキー場が近いのは大きな魅力ですね。

斑尾高原スキー場には徒歩約2分の所に「ホテルシルクイン斑尾」というホテルがあります。

ホテルシルクイン斑尾には、洞窟風露天風呂があり情緒豊かな気分になるでしょう。

タングラムスキーサーカスが目の前にある「斑尾東急リゾートホテル短グラム」では、室内プールやキッズバイキング、ゲレンデ内託児室(3才〜小学生)や、ホテル内託児室(3ヶ月〜未就学児)、ペットと泊まれる専用ゲージ、ペットと泊まれるペット対応ルームもありますよ。
旅行代理店のスキープランにはキッズパーク入場券付きやリフト付きプランなどありますので、斑尾スキーを子連れで楽しみたい人は、家族が楽しめて格安プランなどを探してみるのもいいですね。